下地探し どこ太❕

こんにちは 営業部の関川です!!

今日は、お家を診断させていただく際の、道具(相棒)の一つ、”下地探し どこ太”についてご説明をさせていただこうと思います!!

どこ太は、コーキングの深さであったり、クラックの深さを測定してくれる道具です。

コーキングの痩せや、割れ劣化は 建物劣化の大きな悩みの一つです。実際に、築10年経って外壁はまだ綺麗なのに、コーキングがベラベラ。。どーしよう、なんてお客様は多くいられます。

コーキングの寿命は外壁より短く、5~長くて10年となっています。

今は、塗料も進化していて、コーキングの上から塗って割れを防ぐなんて塗料もでてきています。

コーキングは、幅8㎜ 深さ5㎜以上が基準とされています。

皆様のお家の状態はどうでしょうか?断裂などしていませんでしょうか。

どこ太でしっかりと測定をすることで、破裂を防ぐことができますよ!!

その他にも、専用の器具があるのでまた次回に、ご説明させていただきます😄

↓↓↓

どこ太、測定中