カテゴリー: 代表 満永

11年目

先日、同業者である大阪の兄貴が天国へ行ってしまいました。

 

webについて、営業について、書ききれないほどのことを教えてもらいました。

 

その中で一貫していたのが、

 

「お客様のお役に立てれば幸いです」

 

いつもその気持ちを持って何事も取り組むこと。

 

それを教えてくれたのが兄貴でした。

 

 

 

浜さん、僕はお客様のお役に立てていますか?

 

天国からダメだししてくださいね。

 

 

 

 

本日、12月28日で株式会社満天の11年目がスタートしました。

 

来年は今年の100倍頑張って、がむしゃらに働きます。

 

決めました。

 

がむしゃらに働きます。

 

 

そして、今年の営業は本日で最後になります。

 

満天を選んでくださったお客様、本当にありがとうございました!

 

「お客様のお役に立てれば幸いです」

 

この気持ちで頑張りますので、これから先のお付き合いもどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

新年は、1月5日から営業となります。

 

お問い合わせにつきましては、5日から順にご連絡となります。

よろしくお願い致します。

 

それでは皆様良いお年をお迎えください。

 

 

株式会社満天

代表取締役 満永 仁

 

 

 

 

外壁の塩害対策。

いつもありがとうございます。

 

海に接する面積が多い新潟は海岸沿いの建物の塩害による劣化が多くみられます。

 

Image_2ebaa5c
↑屋根板金部の錆による腐食

 

Image_a95005d
↑手摺部分の腐食(雨漏りの危険)

 

海水に含まれる塩分が気温の上昇や潮風によって建物に付着していきます。

 

 

Image_131b2fa
↑外壁のコーナー部位の腐食

 

金属サイディングやテレビアンテナ、雨樋金具、給湯器、エアコンの室外機等は
その影響で錆が進行し腐食していきます。

 

Image_f1f99f6
↑雨樋金具の腐食

 

また、コンクリート壁は内部に塩分が浸入してしまうと鉄筋を腐食させその鉄筋は膨張してしまいます。
コンクリート壁は膨張の影響で押し出されてしまい、ひび割れがおきてしまいます。
そのひび割れから雨水や塩分がさらに浸入し、鉄筋の劣化、やがてはコンクリート壁が剥落してしまいます。

 

窯業サイディングも同じで外壁材を留めるビスなどが腐食し、
外壁材の落下やビス廻りからの凍害に繫がっていきます。

Image_64497c0
↑ビスの錆による外壁材の膨れ

 

樹脂サイディングはそのものの耐久性は高く「30年持つ」などと言われていますが、
サイディングを留めるビスの腐食、
雨水の浸入しやすい構造などが懸念されますし、
施工自体がカバーリングなので腐食や劣化を閉じ込めてしまいます。
S_6984996241483
↑薄い取り付け實(雨水が入りやすい)

S_6984996257880
↑窯業サイディングの實部分はパッキンが付いていて雨水の浸入はしづらい

こうした塩害から建物を守るには家庭用高圧洗浄機などで定期的に
外壁に付着した塩分や排気ガス、苔、藻を丁寧に水洗いをおこない、
塩分に強い塗料でのコーティングをおすすめします。
部材、素材に塩分を浸入させない塗膜コーティングです。

 

定期的な塗膜コーティングメンテナンスで大切なお家を守りましょう。

 

いつもありがとうございます。

建物にあった塗替えプランをご提案します。

いつもありがとうございます。

 

塗替えリフォームで大事な塗料の選定。

 

お客様の大切なお家を守る外壁に
お客様のお家に合った塗料。

 

色々なメーカーから多種多様で多彩な商品が出回っています。

 

シリコン塗料の機能。
フッソ塗料の機能。
さらには無機塗料の機能。

 

提案する側はこの機能を熟知していない業者が非常に多いです。

 

なぜならば、
塗装をしたら雨漏りしてしまった。。。
1週間で外壁が膨らんできた。。。
内部湿度で窓に水滴が。。。
コーキング部位が割れてしまった。。。

上記の様な相談がよくあります。

 

S_6967283439759
↑これは水性フッソ仕上げ

S_6967283489364
↑こちらは弱溶剤フッソ仕上げ

 

違いが分かりますか?
同じフッソ仕上げでも外壁素地の肌や艶、膜厚など
全く違うんです。
勿論、耐久性も全く異なります。

水性は金額も安く、臭いも少ないですが
新潟の外壁には不向きです。

 

「シリコンだから」
「フッソだから」

 

ではなく、建物に合った提案をしてもらいましょうね。

 

見積りで不安な方、ご相談お待ちしております。

 

 

いつもありがとうございます。

完了検査

いつもありがとうございます!

先ずは見てください!
この軒天井!3分艶 フッソ仕上げです!
軒天フッソ_3

そして次はフード!
ムラなく丁寧な仕上がり!
こちらも軒天同様にフッソ仕上げ!
外壁フード_2

ベランダ防水はリボール
トップコートは無機系仕上げ材で長持ち!
こちらも色、塗り斑なく丁寧な仕上がり!
ベランダリボール防水_5

最後に外壁のアクセント
スズカファインのWBアート
本物の石積みのようにみえますが塗装仕上げです!
テクスチャーペイント_8

 

キレイな線
コーキングの充填量
塗料の飛散、
窓・サッシなどの清掃も確認し完工検査、バッチリでした!
ただ塗るだけではなくしっかりと検査をし、お客様に引き渡す。
これが出来ているようで出来ていない業者が多いです。

金額だけの塗装店やリフォーム店などにはできないでしょうね。

本物の塗装リフォームは塗装のプロへ!

いつもありがとうございます。。。

外壁の張り方に合わせた塗料の選び方。

いつもありがとうございます。

様々な業者がいる分、塗装工事の提案も色々あると思います。

しかしながら、外壁材の張り方や工法などで、ただ塗装しただけでは1年と持たないことがあります。

通気工法は防水シートの上に胴縁を入れ、通気層を作った後、外壁サイディングを張る工法です。
この工法ですと、内部からの湿度などは外に抜けていくので外壁サイディングの劣化は少なく、殆どの塗料での施工が可能です。
WIN_20170804_13_34_11_Pro
「通気工法」

直張り工法では防水シートの上にそのまま外壁サイディングを張ってしまった工法です。
この張り方は内部からの湿度は直接サイディングに吸込まれてしまい、内側から凍害がおきてしまいます。
また、その湿度がサイデイングから出ようとするため、塗膜の割れや膨れ、反りにつながってしまいますし、カビの発生が起き、ハウスダストなどで喘息などの二次災害につながります。
内部湿度が原因で凍害・外壁表層の割れや膨れ・外壁サイディングの反りのある場合は塗装修繕では耐用年数が短いため、張替えをお勧めいたします。
WIN_20170804_13_34_05_Pro
「直張り工法」

WIN_20170804_13_34_35_Pro
「内部湿度による黒カビ」

また、コーキングも先打ち・後打ち・2面接着なども塗装仕様に関係してきます。
先打ちの場合、塗膜よりもコーキング材のほうが柔らかい性質です。
そのためコーキング上の塗膜は割れてしまうことがあります。
反面、コーキングの上に塗膜があるため、紫外線などからコーキングが守られているため、劣化を遅らせます。

後打ちの場合、コーキングの上に塗膜が無いため、紫外線や風雨に直接曝されるためコーキングの劣化が早くなってしまいます。
反面、コーキングの上に塗膜が無い分、コーキング表層の割れが起こる事はありません。

ここを見極めて、弾性塗料や透湿性塗料など、塗装仕様や張替えのご提案を行っているのです。
なんでも塗装を行ってしまう業者さんもいますが、知識のある業者を頼みましょう!