塗料のご紹介

笑顔になってもらえたら 私たちは幸せです

塗料の種類と比較

笑顔になってもらえたら
私たちは幸せです

塗料の比較
技術開発に伴って、塗料にも続々と高性能の製品が登場し、価格も性能も多彩であることから、「どれを選んでいいのか分からない」という方も多いことでしょう。
そこで、現在使われている主な塗料をピックアップ。その特徴をご紹介

■ 塗料の種類


ひび割れしやすく、すぐに色あせる

■アクリル塗料

特徴
低価格で重ね塗りができるため、短いサイクルでさまざまな色に塗り替えることが可能。
耐久年数が5~6年と短く、クラックが生じやすい
塗装後もこまめなメンテナンスが必要
こんな方におススメ!
耐久性は求めず、とにかく価格重視で、家のイメージを気軽に何度も変えたいと考えている方
デメリット
汚れやすく、耐久性に欠けるため、塗り替えが頻繁に必要


艶のある仕上がり。塗り替え直後はピカピカでアクリル塗料より光沢が持続する

■ウレタン塗料

特徴
アクリル塗装より防水性と耐久性に優れ、価格や性能を考えるとバランスの良い塗料といえる。
塗膜が柔らかく仕上がるため、あらゆる素地に多様されるが、耐久年数が7~10年と短い
こんな方におススメ
価格を抑え、5~7年サイクルで別の色に塗り替えたい方
現在の家に10年以上住む予定がない方。
細部のみ、あるいは一部分のみ塗りたい方
デメリット
耐久性、防汚性、紫外線への強さにおいては、他の塗料よりやや劣る


艶のある仕上がり。塗膜に光沢があり、比較的長く光沢が続く

■シリコン塗料

特徴
品質に対する価格の手頃さが大きな魅力で、機能性や価格からいえばコストパフォーマンスも良い。
住宅にかかるトータルのライフサイクルコストを大きく削減できるため人気も高い!
近年では、ラジカル制御や低汚染、遮熱機能を含んだ高性能なシリコン塗料もある。
こんな方におススメ
耐久性とコストのバランスを重視したい方。
長期的な目線でコストを落としたい方はこちら
デメリット
メーカーによって多種多様なので、性能の違いを判断しづらく、素人には扱いにくい。

フッ素などの高性能塗料が普及して来たため、比較すると劣る。


光沢感がある。防汚性も高いため、塗装後の美しさが長続きする。

■フッ素塗料

特徴
フッ素塗料の寿命は非常に長く、耐候性もほかの塗料に比べて抜群。
耐熱性・耐寒性に加え、低摩擦性や不燃性など数多くの機能を持つ。
非常に高価格のため、おもに大規模建築物に使われてきましたが、近年一般住宅でも普及し始めて来ました。
こんな方におススメ
紫外線に強く、色褪せにくい。硬く傷つきにくい。
親水性が高く汚れを洗い流す効果もある。
> そのため、美観を長期間キープしたい方におすすめ。

デメリット
フッ素樹脂は、高品質なので、塗料の価格が他と比べて高価である
耐久性の低いお手頃価格のフッ素塗料も流通しているので注意が必要。信頼できる物を選ぶ事が重要。


艶のある仕上がり。シリコンほどのテカテカ感がなく、上品な艶になる

■無機塗料

特徴
無機物は劣化しませんが、それを含む無機塗料は劣化しにくく、非常に長持ちする。
耐久年数はシリコン塗料が約10年であるのに比べ、20年以上と長持ち。
こんな方におススメ
「せっかく塗装するなら高耐久に」という方。耐久性はトップレベル
カビやコケの発生を抑え、汚れもつきにくく、塗膜の劣化も防ぐため、美観を超長期間キープしたい方におすすめ。

デメリット
短いスパンで建物を塗り替えたい方は、イニシャルコストが高いので、金額がかかってしまう
他の塗料に比べ塗膜が硬く、弾性は少ないため、柔軟な建材や、動きのある建物への塗装は不向き。
塗装できない素材も多く、プロの知識が必要!


ザラッとした風合いで、マットで上品な仕上がり。

■断熱遮熱塗料

特徴
夏の暑さ、冬の寒さを緩和します。断熱と遮熱両方の機能を併せ持ちます。
耐久年数は一般的な塗料の約2倍にあたる15~20年。
こんな方におススメ
夏の暑さや冬の寒さを改善して一年中快適な室温にしたい方。
毎月の冷暖房費を減らしたい方。
ツヤが控え目でマットな質感がお好みの方。和風洋風どちらにもマッチします。

遮音性、消臭効果も期待できるため、室内塗装にも最適。
デメリット
真っ黒など濃い色は作れない。濃い色を塗装することは難しい。
色見本よりも明るく見え、見る角度によって白っぽく見える事がある。

塗膜自体の耐久性はあるが、固いものが当たると傷がつきやすい。



■まとめ

■塗料は生涯のトータルコストで選択すべし。

塗料代は工事価格に比例しますが、例えば10年に一度の塗り替えに80万円、20年に一度の塗り替えに100万円かかるとすれば、長い目でどちらがお得でしょうか?
単純計算で、10年に一度の塗料は、20年で160万と言う事になります。(あくまでも一例です)

では、10年に一度の塗料を、20年塗り替えなければ安く済むと思う方もいるかもしれません。
しかし、その様な事をすれば確実に外壁が傷み、外壁は使い物に成らなくなります。(張替えなどの大規模工事が必要)。。

塗料は生涯のトータルコストで選択する事をおすすめします。

もちろんご予算ご要望もあると思いますので、できるだけお客様の思いを伝えていただく事も大事です。
また永続して長く住むご予定のない方もいらっしゃるでしょう。

どの様な塗料でも、どのような工事にも、満天は丁寧な施工を惜しみません!!


 




mailfrom