カテゴリー: 満天日記

セットプランでお家をまるごとリフォーム

こんにちは、冨取です!

 

満天では外壁・屋根などの外装リフォームだけでなく、トイレやキッチン・お風呂など内装リフォームにも力を入れています。

お客様からご依頼の多い工事をまとめて、セットプランとしてのご提案を始めました!

 

『外壁・屋根塗装+トイレプラン』

外壁・屋根の塗装はもちろんですが、トイレの入れ替えも多くご依頼いただいております。

トイレはTOTOのピュアレストQR

2020年2月発売の新しいモデルで、凹凸のないスッキリとしたデザインが特徴です。

通常トイレを1回使うのに必要な水量は6~8リットルと言われていますが、

ピュアレストQRは使用水量4.8リットルという超節水型です。

 

 

『外壁・屋根塗装+お風呂・給湯器プラン』

給湯器は10年が交換の目安です。急に壊れて使えなくなってしまう前に交換しましょう。

外壁塗装と一緒に給湯器の交換を行うと給湯器の裏面までしっかり塗装することが可能です。

4人家族に最適な24号の給湯器になります。

 

また、お風呂はタカラスタンダードのミーナ

何年使ってもキレイが長持ちするホーローパネルを使用しています。

1616とは1坪サイズのお風呂のこと。一般的なお風呂のサイズは1616です。

 

 

他にも様々なセットプランをご用意しています!

クリックして詳しく見る↓↓

セットプランをご希望される場合は一度お問い合わせの上、訪問・現状の確認後、金額のご提案を致します。

気になることやご質問などありましたらお気軽にご連絡ください!

0120-100-557

 

内窓で快適に

こんにちは!満天の木村です。

 

今回は内窓をご紹介します!

この時期に内窓?と思うかもしれませんが、内窓の効果は結露対策だけではないんです。

 

まず、エアコンの効きがよくなります!

冬に外からの冷気を入れないのと一緒で、内窓を設置することで家の中の空気も逃しにくくなります。

なので、エアコンで冷えた室内の空気が長続きします!

 

そして、防犯・防音効果も期待できます!

窓が2重になる分、泥棒からすると手間がすごく増えます。

泥棒にとってはたまったもんじゃないですよね。

 

取付けもすぐできるので、数枚であれば1日かからず取り付けられます。

内窓でこれからの季節も快適に過ごしましょう!

 

お問合せはこちらから

0120-100-557

空き家問題🏠

こんにちわ~!

 

いつもホームページをご覧いただきありがとうございます(^o^)丿

 

満天スタッフの渡辺悦子です(*^▽^*)

木曜日は新潟西店からお送りします♪

 

 

近年、空き家が増え続けています。

 

大きな理由として

 

○新築の供給過多と中古市場のバランス
○相続問題
○所有者が空き家を流通せずそのままにしている。

 

などがあります。

 

 

 

でも、空き家があることでさまざまな問題があります。

 

例えば、、、

 

○雑草の放置による景観の悪化
○不衛生な状態からの悪臭の発生
○不法侵入や不法占拠、放火などの犯罪リスク
○老朽化による家屋の倒壊リスク

 

空き家周辺の治安にも影響を及ぼす可能性があります。

 

また、所有者の義務である空き家の適正管理をしない所有者に対しては、いくつかの段階を経て

 

「特定空き家」

 

に指定されてしまいます(+o+)

 

 

この特定空き家に指定されると、土地にかかる固定資産税の優遇措置が適用されなくなるなど、所有者にとっても大きなデメリットがあります。

 

 

 

そうなってしまう前に!!

 

○売却
○賃貸
○シェアハウス

 

に、することをオススメします。

 

満天では、リフォーム以外にも不動産業やリノベーションにも力を入れています。

 

物件の売買や、賃貸・シェアハウスのためのリフォームやリノベーション施工もできます。

 

 

~リノベーション 施工前~

 

~リノベーション 施工後~

 

空き家の今後の活用をお考えの際は、ぜひ満天にお任せください!!

 

<本社>
新潟市東区粟山1-21-28
TEL 0120-100-557
<新潟西店>
新潟市西区西小針台2-4-1
TEL 025-290-7520

 

お気軽にご連絡くださいね(^_-)-☆

屋根を塗ると雨漏り❓

こんにちは! 営業部 関川です😄

さて、屋根を塗ると雨漏りとはどういうことなのか、非常に気になりますね。

 

屋根塗装を行うにあたって、慎重さはとても重要になります。

特に重要になるのが、下塗りです。 屋根塗装の品質低下に繋がるリスクは、

① 浸透力不足・・・屋根の下塗りは、しっかりと下地に下塗りが食いつき、膜厚が適正に確保されていることが必須条件です。 商品によっては浸透力が不足している場合もあります。

② 塗布回数ミス・・・劣化が特に激しい箇所は、塗布回数が適正であっても、下地内に吸い込まれてしまい膜厚不足の場合もあります。

③ 人為的ミス・・・下塗りが透明の場合、どこを塗ったか、吸い込みが本当にとまったかを正しく目視しきれないことがあります。

本来の上塗り機能が十分に発揮できる専用の下塗りが必要ということですね!!

 

では、本題の屋根から雨漏りとはどういう事なのかを説明していきます。

 

スレート瓦の塗装終了時に縁切りといって、屋根材が重なり合う部分の上下がくっつかないように、カッターなどで、切る作業をします。

この縁切りをしないと雨がうまく流れずに、スレート瓦の内部に雨がたまり、瓦を留めている釘の隙間から屋根裏に入り込む可能性が大きくなり、雨漏りの原因となります。

また、縁切りをせずに塗装できるタスペーサーという器具を装着する塗装方法があります。

下塗りを行った後に、重なり部分に挿入して雨の通り道を作ります。

塗料でふさがりをつくってしまい、繋ぎ目から入った雨が流れずに溜まり雨漏りになってしまうということですね。

屋根の上は、外壁と違い普段から目にすることはなかなかありませんよね😥

 

 

~余談~

今日は何の日シリーズ④ 「裏切りの日」

本能寺の変はとても有名な歴史的事件です。織田信長が明智光秀に裏切られて攻められ、本能寺で自害したことで有名です。 秀吉の応援を命じられた明智は、進軍の途中で道を変更し、織田を襲撃したと言われています。 これは一般的に語り継がれていることですが、ある研究者は、明智光秀は毛量に悩まされており、それを馬鹿にした織田信長を許せなくて激昂したのではないかと、言われています(笑)  私自身、お客様の期待を裏切ることなく、精進していきます! お家の事で、ご相談があればどんなことでも対応致します。

それではこの辺で失礼します。

 

 

1年点検を回り…

こんにちは、満天の阿部です!

 

先日は施工管理部の先輩と共に1年点検のお宅をお伺いさせていただきました。

皆様笑顔でお迎えして下さり、ときに「満天さんでお願いしてよかった」というお声までいただけることもありました(T_T)

私もそう言っていただけるようなお仕事をしたい、お客様との関係を作りたいと思いました!

 

「物心共に豊かになり 社員、お客様、関わる物の幸せを実現し 仕事を通じて地域の発展と繁栄に貢献する」

という当社の経営理念を改めて意識いたしました。

弊社は完工後のアフターフォローも大切にしております!

不具合箇所は無いかはもちろん、他に気になる点、お家のお悩みなどもお気軽にご相談くださいませ。

また、弊社では内装のリフォームやDIY向け塗料も取り扱っております♪

 

早く、皆様に信頼いただけるような営業になりたいと思います!!!(9`・_・)9