オンラインご相談受付可能!建物診断&お見積もり無料です!
Tポイントが貯まる・使える
画像:フリーダイアル0120-100-5570120-100-557電話受付|9:00〜18:00  定休日|毎週水曜日、第2・第4日曜日
オンラインご相談受付可能!建物診断&お見積もり無料です!
満天日記

雨漏りはここから・・・

2016年11月03日

満天日記

こんにちは!!
満天ファミリーの星野です(^^)/

本日は、雨漏りについてお話させていただきます。と言っても何回かお話しさせていただいていますが・・・(笑)

雨漏りはなぜ起きるかご存知ですか?もちろん外壁、屋根などに穴が開いていれば、そこから水が入り雨漏りします。ですが、その他にも水の特性で雨漏りしてしまう可能性があるのです。

そこで問題です!コップに水を入れてストローをさします。そうすると、ストローの中の水位はどうなるでしょうか?

1.コップの水位と同じ高さになる
2.コップの水位より低くなる
3.コップの水位より高くなる
4.コップストロー!!と叫んでしまう

正解は『3』です。『4』と答えたあなたは流行の最先端をいってます(笑)うちでもその音楽が鳴り響いています(^^)

この現象は『毛細管現象』と呼ばれる現象です。ストローが細ければ細いほど吸い上げる力は強くなります。この現象が建物でも起きるのです。

この写真をご覧ください!

DSC_0071

この写真は以前に散水調査をさせていただいた現場の写真です。雨漏りの原因はまさにここでした。こんな小さな切れ目から水が浸入し、下地のコンクリートの小さなひび割れや打継ぎ部などを水が通り、内部まで浸入しました。これが毛細管現象です。

この現場は防水の切れ目からの浸入という原因が突き止められ、防水の改修工事で雨漏りを撃退することことができました。

これが着手前です。

img_4325

これが既存の防水が傷んでる箇所を補修した写真です。

dscf2804

これが完了です。

dsc_0011

これでもう雨漏りをする心配はありません。

住宅でもこの現象で雨漏りを引き起こす可能性があります。

例えば、コーキングの切れ目です。コーキングは経年劣化で硬化し痩せてきます。そうなると、外壁や屋根に小さな隙間が生じます。その少しの隙間で毛細管現象が起きて、内部に水が浸入してしまう可能性があります。雪国特有の『すが漏り』も同様の現象で起きてしまう可能性があります。

まだ小さな隙間だから大丈夫!ではありません!小さな隙間が危険なのです!

雨漏り調査は私たちにお任せください!!

それでは、

満天の星空の下、皆さまが笑顔でありますように・・・。


テキスト画像:manten満天のご紹介アイコン:挿入記号

画像:会社概要へ 画像:スタッフ紹介へ 画像:採用情報へ

テキスト画像:manten満天の人アイコン:挿入記号

LINEで外壁お悩み相談 Q&A 社長ブログ 満天日記
バナー画像:色の日イベントの色々セミナー

テキスト画像:contactお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
無料診断・お見積もり大歓迎です。
第2・第4日曜を除く、土日祝日も受付中。

お問い合わせは0120-100-557
お問い合わせフォームはこちら
アイコン画像:上矢印PAGE TOP