オンラインご相談受付可能!建物診断&お見積もり無料です!
Tポイントが貯まる・使える
画像:フリーダイアル0120-100-5570120-100-557電話受付|9:00〜18:00  定休日|毎週水曜日、第2・第4日曜日
オンラインご相談受付可能!建物診断&お見積もり無料です!
満天日記

塗料の種類「水性塗料と油性塗料って何が違うの??」

2020年11月16日

満天日記

こんにちは!営業部の阿部です。

今回は塗装工事をお考え中の皆様の、塗料選びについてのお悩みを少しでも解消できたらと思い、塗料の種類・違いについて何回かに分けてご紹介させてさせていただこうと思います。

今回のテーマは「塗料の水性と油性って何が違うの?」です!!

 

そもそも塗料とは、「樹脂成分」「溶媒」「顔料」「添加剤」の4つの成分で構成されています。

 

樹脂成分…塗料の主成分。樹脂の違いによって、塗料の耐用年数が変わる。多くは石油などから取られた有機成分。

ex)アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素 等

右に行くほど耐用年数があがります!

 

溶媒…樹脂成分を溶かしている希釈剤。塗ったあとは揮発して無くなる。塗料の浸透性や匂い、固まり方、使用期限などが変わる。

ex)水、シンナー 等

 

顔料…塗料に色をつける。

 

添加剤…加えることで様々な機能を付け足すことができるが、入れすぎると塗料の性能を落としてしまう。

 

 

このうち水で溶かした塗料を水性塗料」、シンナー等の有機溶剤で溶かした塗料を油性塗料」といいます。

つまり、希釈剤の違いによって水性か油性かに分かれるということになります。

 

水性塗料は「匂いが少ない」「人体・環境への負荷が少ない」というメリットがありますが、「油性よりも固まり方が弱い」「使用期限が短い、温度や湿度に影響されやすい」「艶が劣る」というデメリットがあります。

 

一方油性塗料は「密着性が良く、強い塗膜ができる」「乾燥時間が気候によらず一定」「艶がある」というメリットがありますが、「匂いが強い」「保管方法や、環境・人体への措置が必要」「水性塗料よりもやや高価」というデメリットを持っています。

 

どうしても塗料の匂いが気になる…という場合は水性塗料を推奨いたします。

気候の影響をうけやすい夏や冬は油性系の塗料が向いています。

また最近では、水性だけど機能性が高い塗料油性だけど環境負荷が少ない塗料などもあります。

 

家の状況や塗料の特徴をしっかり踏まえた上で、最適のプランをご案内いたします!

 

それでは今回はここで失礼します。

 


テキスト画像:manten満天のご紹介アイコン:挿入記号

画像:会社概要へ 画像:スタッフ紹介へ 画像:採用情報へ

テキスト画像:manten満天の人アイコン:挿入記号

LINEで外壁お悩み相談 Q&A 社長ブログ 満天日記
バナー画像:色の日イベントの色々セミナー

テキスト画像:contactお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
無料診断・お見積もり大歓迎です。
第2・第4日曜を除く、土日祝日も受付中。

お問い合わせは0120-100-557
お問い合わせフォームはこちら
アイコン画像:上矢印PAGE TOP