カテゴリー: 満天のリフォーム

シロアリ対策していますか?

こんにちは、冨取です。

 

5月になり過ごしやすい季節になりましたね。

 

毎週水やりをしていた胡蝶蘭もきれいに花が咲きました!

 

胡蝶蘭の写真

 

私たちが過ごしやすいと思うのと同じように植物や生き物も活発に活動するようになります。

 

特にシロアリは梅雨から初夏にかけて急増するので注意が必要です。

 

つい先日、外壁工事を行った現場にはシロアリが・・・!!

 

シロアリの写真

 

 

他人事ではありません!

 

大規模な工事が必要になる前にシロアリに関する知識を身につけましょう。

 

 

シロアリの種類について

 

住宅に被害を及ぼすシロアリは主に4種類です。

 

シロアリの種類と違い

新潟で発生するシロアリはヤマトシロアリがほとんどです。

 

ヤマトシロアリは蟻道(ぎどう)というトンネルを作り、家の内部、木材へと侵入します。

 

これが蟻道です。

 

蟻道の写真

 

このように外壁に隣接してウッドデッキや木材があると非常に危険です。

 

土から木材を伝い、家の木材へと被害を拡大していきます。

 

他にも、雨漏りしている箇所、お風呂場、花壇などには注意してください。

 

家の周りに蟻道があるか確認しましょう!

 

 

羽アリについて

 

家の中や外に虫の羽がたくさん落ちていたことがある方や、

 

羽アリが家から飛んでいくのを見た方は要注意です!

 

羽アリの羽の写真

 

シロアリは群れが大きくなると、バランスを保つために、

 

群れの数パーセントが羽アリとなり、巣を飛び立っていきます。

 

羽アリが出たから家にもうシロアリがいないなんてことはありません。

 

羽アリが飛ぶくらい家にはシロアリがたくさんいるということ!!

 

シロアリの群れの写真

 

羽アリの発生は春から夏にかけて多く見られます。

 

取り返しがつかなくなる前に、早めのメンテナンスを行いましょう。

 

 

 

満天でできるシロアリ対策・防蟻工事

 

まず、家にシロアリがいるのか、シロアリの被害にあってはいないかを確認します。

 

満天では床下点検ロボット「モーグル」を用いて床下の点検を行っています。

 

モーグルにはカメラが取り付けてあるので、人が床下に潜ることなく、

 

お客様と一緒にカメラの映像を確認することができます。

 

モーグルでの床下点検は無料で行っておりますのでお気軽にご相談ください!

 

床下点検ロボットモーグルの写真

 

 

また、シロアリがいた方も、これからのシロアリに備えたい方も満天におまかせください!

 

シロアリ駆除、防蟻のためのホウ酸散布を行うことが可能です。

 

ホウ酸とは、ゴキブリ駆除やシロアリ駆除に使われる一般的な物質です。

 

植物が成長するために必要不可欠な物質であり、人体への影響はありません。

 

床下から、木材・基礎・土壌へと散布したり、

 

 

木材に小さな穴をあけ、そこから木材へ直接ホウ酸を注入したり、

 

木材へホウ酸を注入している写真

 

お客様のお家の状況に合わせて、様々な方法でシロアリ対策に努めます。

 

シロアリが気になっている方、モーグルを使ってみたい方、お待ちしております!

 

 

平成から令和への狭間でのお知らせ

明日4/28より、5/6までお休とさせていただきます。

誠に勝手ではございますが、よろしくお願い致します。

 

そんな連休を皆様いかがお過ごしますか?

お仕事の方は、お疲れ様です。頑張りましょう!!

実は上記にお休みの告知をしましたが、連休またぎの工事があるため、満天では職人さんも頑張ります。

 

そんな連休の狭間に、時代が変わりますね!

 

満天君が令和を持っている

 

 

平成31年を「H31」と表すように、

令和元年は「R1」ですよね!

 

そういえば、HやSよりも、「Rxx」って、世の中によく見ますよね!(x=数字)

 

「R1」などと聞くと、明治のこれを思い出しちゃいます。

明治R1

令和元年に明治の商品とは”時代を超えて”と言う感じですね!

令和元年は腸を整え強く健康になりましょう。

 

 

「R2」と言えば、スターウォーズのR2D2を思い出します。

C3POが「ア~ルツぅ」って呼んでいたから・・でも吹き替えか(笑)

著作権が厳しそうなので、写真は出しませんが(爆)

 

 

R3,R4,,,,と検索すると色々出てきて面白いですよ。

 

 

令和18年・・「R18」と言えば、子供には見せられない時代・・

18禁

あ、はい、この話は掘り下げません!

 

 

 

そして、31年後・・「令和32年」

多分同じことを考えた人も世の中には多いでしょう。

 

「R32」と言えば、

スカイラインGTR

スカイラインGT-

 

R30~R35と「R」型式のスカイラインにもいろいろありますが、

やっぱり時代を超えて、印象的なのは32かな~と個人的には思います。

 

31年後も生きていて、R32時代を生きたいです!

そして、出るのか出ないのか、R36 GT-・・

今の日産は色々大変だからなぁ~!

 

 

そんな新時代に、リフォームで自分らしくワクワクするような暮らしを実現しませんか!?

リフォームも満天にお任せください!

リフォームチラシ、トイレ、ふろ、ガレージ、二重窓、給湯器、洗面台、リノベーション、内装、玄関

 

もちろん、ご相談、お見積りは無料です。

なんでもお気軽にご相談ください。 0120-100-557

 

雨漏りの原因、突き止めます。

こんにちは、冨取です!

 

関東や九州では満開の桜が見られ、ずいぶんと春らしい季節になりましたね。

 

新潟の桜も早く咲かないかな~とワクワクしています。

 

↑去年撮った桜の写真です

 

 

春は急に風が吹いたり、雨の日が続いたりと不安定な天気になりますよね。

 

そんな時に急に雨漏り。なんてことはありませんか?

 

・風が強い日に限って雨漏りする

・どこから雨漏りしてるのか分からず結局そのままに…

・以前直してもらったはずなのにまた雨漏りが…

・お部屋の天井にシミがあるけどもしかして雨漏り!?

 

満天では様々な理由でお問い合わせや、質問をいただきます。

 

「雨漏りは水の浸入を止めるだけでいいんでしょ?」と思っていませんか??

 

雨漏りしているということは外壁から室内に至るまでの木下地や断熱材が腐敗している可能性があります…!!

 

木下地や断熱材の腐食はカビの発生につながるため人体にも影響を及ぼします。

 

小さなお子様や高齢の方、動物と一緒にくらしてる方は特に注意が必要です。

 

大切な家族の健康のために、雨漏りの原因を突き止めましょう!

 

 

満天では様々な方法で雨漏りの原因を見つけます。

 

①目視

実際に雨漏りしている部分を内側と外側の両方から目で見てしっかり確認します。

 

②赤外線カメラ

温度の変化が目で見て分かります。低い温度の部分は水が浸入している可能性があります。

 

③散水調査

雨漏りの可能性がある部分に直接水をかけ、雨漏りするかを確認します。

※散水調査は金額が発生する作業ですので事前にお客様の了承を頂きます。

 

この3つで絶対に原因や被害範囲が特定できるわけではありません。

 

修繕するにあたり、外壁を撤去したら予想以上に木材が腐食していた、など、

 

工事をしてみなければ分からないことが起きる可能性があります。

 

お客様のご要望、気になること、なんでもお聞かせください!

 

 

 

 

床下断熱のここがすごい!

こんにちは、冨取です。

 

外も寒い!お家の中も寒い!!という皆さん、床下断熱材を知っていますか?

 

知らないと損ですよ!

 

今回は、床下から冬の寒さ対策「床下断熱材 フクフォームEco」をご紹介します。

 

 

 

フクフォームEcoについて

 

フクフォームEcoの大きな特徴は断熱材の厚みです

 

とっても厚いですよね!8cmもあります!!

 

触ってみても冷たい感触はなく、とても軽いです。

 

 

 

メリット①電気代の節約

 

断熱性を良くすることで、夏冬どちらも電気代を削減することができます。

 

断熱材って暖かくなるんじゃないの?夏涼しくなるのはなぜ?と思いませんでしたか?

 

断熱性とは、「熱の伝わりにくさ」のこと。

 

 

夏場は外からの熱が室内に侵入しにくくなるので涼しい。

 

冬場は室内の熱が逃げないので暖かい。ということです。

 

実際に、暖房を一定時間稼働させた床の温度を施工前と施工後で比較してみました。

 

温かさの違いは一目瞭然です。

 

 

 

メリット②工期が短い

 

床下に潜り断熱材をはめ込むという工程の少ない工事ですので1日~2日で工事は終了します。

 

床下からなので室内の家具を移動させる必要はありません。

 

施工者にとってもお客様にとってもお手軽な工事です。

 

 

 

自分の家に床下断熱があるか分からない方も、床下点検口から、断熱材の有無を判断することができます。

 

意外と床下断熱が無い住宅が多いんです。

 

既存住宅の断熱状況はこちら↓

 

フクフォームEcoのような十分な断熱材が入っている住宅は24%しかありません。

 

床暖房と違い、ランニングコストがかからないので、1度の工事で暖かさが長持ちします。

 

長い目で見てもお得なこと間違いなしです!!

 

 

 

みなさん、是非この機会に床下断熱してみませんか?

 

分からないこと、気になることがございましたらお電話いつでもお待ちしております。

 

お気軽にお問い合わせください!

 

参照:フクビ化学工業株式会社 / FUKUVI (https://www.fukuvi.co.jp/)

 

 

 

 

 

冬でも塗装できる!おすすめリフォーム

こんにちは、冨取です!

 

1月に入りますます寒さが厳しくなってきたように感じます⛄

 

暖冬とは…(’・ω・)?

 

 

今回は冬でもできるおすすめのリフォームをご紹介します。

 

冬におすすめなのは内装です!

 

塗装は外の壁だけではなく室内の壁にも行うことができます。

 

外壁と違い、雨風などによる劣化の心配が少ないためデザイン性・機能性に優れた塗料が沢山あるのが特徴です。

 

 

湿度調整や防カビ作用のある珪藻土

 

チョークで書き、水拭きで簡単に消すことができるカケルペイント

 

塗装した部分がマグネットになるマグネットペイント

 

使う道具で表情が変わるメタリック塗料

 

畳に塗ることができる塗料

 

などなど様々な種類の塗料があります。

 

きっとお客様のお気に入りが見つかるハズ!

 

冬の寒さを吹き飛ばすオシャレな内装リフォームしてみませんか?

 

施工の見本や塗料のカタログは満天ショールームで見ることができますのでお気軽にお越しください♪